システム運用のイメージ

システム運用とは?

システムを安定稼働しているサーバの写真

サーバはクライアントが利用するため常に稼働していることが求められます。

システム運用の大まかな定義は24時間365日、問題なくシステムを稼働させるための業務です。システムを構成しているサーバやネットワーク機器はコンピュータで精密機器のため、突然故障する可能性もあります。それがシステム障害の原因になるため、エンジニアが障害を未然に防止するような対策や業務を行ったりバックアップをとるようなシステム構成を考えたり、様々な知識や技術を用いながらシステム運用の業務に取り組んでいます。従ってシステム運用とは、システムの正常状態を維持し、状況に合わせて変化、拡張させることを意味します。

主な業務内容から見るシステム運用の重要性

エンジニアがデータセンターのサーバーラックを運用している写真

エンジニアが常日頃からシステムを安定稼働させるためにサーバや機器などのコンピュータを点検するなど様々な業務を行っております。

アイティーエムのシステム運用サービスを例に概要をご説明しましょう。システム運用の基本としてシステム監視があります。システム監視とは、サーバや機器やサービスを対象に、システム障害をいち早く検知するために、要件定義をもとに項目に沿って監視することです。そのうえでシステム運用は、もしもシステム障害等が発生した場合に対応する場合と、定期的な運用をする場合に分類されます。いずれにしてもシステム運用の目的は、システムの安定稼動とシステム障害に対する迅速、確実な対応です。ITシステムが企業にとって、また社会にとっての重要なインフラやサービスを担うようになっており、そのような観点からもシステム運用の重要性は高まっています。

システム運用の事業者(MSP(マネージドサービスプロバイダ))

システム運用の事業を行っている企業の事業名称は「MSP(マネージドサービスプロバイダ)」と呼びます。MSPとは、お客様が利用しているコンピュータやネットワークなどシステムの運用・保守・監視を提供する事業者のことです。顧客のシステムをマネージドサービスとしてをアウトソーシングで請け負う事業者をMSP事業者と呼びます。

MSPとは? MSPとは?

システム運用保守とは?

システム運用はシステムの正常状態を維持し、状況に合わせて変化、拡張させることですが、システム保守はシステムに不具合がった際に適切な対応をすることです。即ち「システム運用保守」とはシステム運用とシステム保守の業務を兼任することで、通常時は運用業務を行い、システムに何らかの不具合があった際に保守業務に移るという形で実施することが一般的です。

システム保守とは?

「保守」という言葉を辞書で引くと「今までの状態、考え方・習慣などを根本からは変えようとしない態度」、「正常な状態を保ち、それが損じないようにすること」と書かれています。「保守主義」、「機械の保守」というように使われます。つまり「システム保守」とは、システムに何らかの異常が合った際に適切な対応をし「システムが正常な状態を保ち、日々問題なく使い続けられるようにすること」です。

システム運用と保守との違い

「システム保守」がシステムに不具合やトラブルがあったときに対応する業務を指すのに対して、「システム運用」はシステム障害が発生したり、その結果システムが停止したりすることがないようにする業務を指します。即ち「システム保守」は障害対応などの突発的な業務が多いのに対し「システム運用」は定期的な業務が多く、障害を未然に防止するための対策や業務が多いことが特徴です。

業務内容から見る運用と保守の対応範囲

システム運用 システム保守
システム監視
パッチ(アップデート)対応
サーバ再起動
定められた手順書対応
システムのアップデート作業
不具合の原因究明
不具合の修正、復旧
新たなシステムの導入

システム運用は運用設計の段階が重要

システム運用はシステム障害がを未然に防止するための業務が中心のため、日々のシステム監視・システム運用をスムーズに行うためには、運用設計がとても重要になります。そのためにはシステムの特徴を把握し、適切なシステム運用をするためにどのような監視を行えば良いかということから充分に検討していく必要があります。システム運用を自社で行うのではなく、アウトソースサービスを利用する場合には、設計から監視、運用まで、一貫したサービスを提供できる会社を選ぶことが重要です。システム全体を理解していてはじめてシステムの運用マネジメントまで行うことができ、機器単体のトラブルに対応するだけでなく、トラブルによってサービス全体に及ぼす影響についても考慮、対応することができます。

システム運用業務について

システム運用の主な業務一覧

障害1次対応(手順書対応)

監視アラートを起因に手順書に基づく障害対応を実施(手順書は2手順まで)

障害2次対応(エンジニア対応)

障害1次対応で対応できない場合にお客さまと事前に合意した対応内容で障害の切り分けやベンダーへの問合せ代行を実施。

定期運用

  • パッチ(アップデート)対応(WindowsUpdate,yum update)(月1回)
  • サーバ再起動対応(月1回)
  • OSユーザアカウント追加/削除(10アカウントまで)
  • OSユーザアカウントパスワード変更(10回まで)

個別運用

  • サーバ再起動対応
  • WindowsUpdate対応
  • yum update対応
  • OSユーザアカウント追加/削除(10アカウントまで)
  • OSユーザアカウントパスワード変更(10回まで)
  • 手順書対応
  • SSLサーバ証明書インストール/更新(CSR作成/証明書インストール)
    ※ SSLサーバ証明書のご購入費用は別途必要です

インフラエンジニア

システム運用業務やシステム監視業務を実施している人たちをインフラエンジニアと呼びます。当社のエンジニアは24時間365日システムを安定稼働させるためにシステム監視業務と障害1次対応を実施している「カスタマーエンジニア」と、システム定期運用、個別運用、障害2次対応などを実施する「テクニカルエンジニア」に分類されています。

インフラエンジニアとは? インフラエンジニアとは?

当社のシステム運用サービスの特徴

当社のシステム運用の考え方は、0をプラスに変えることです。お客様のITシステムを安定的に見守るだけではなく、お客様の課題に寄り添い、よりよいITシステムを提案し、お客様の成功を実現することが「運用」だと考えています。「ないものを作る」「0をプラスに変える」ために、エンジニアが集まり、ITシステムのプロ集団として技術力を結集させ、その技術力をもってお客様に安心を創造することを大切に取り組んでいます。

24時間365日、お客様のシステム環境を総合的にサポート。
専門チームの編成により、システム障害時に迅速な対応で復旧に導きます。

当社のシステム運用サービスは、24時間365日、お客様のシステムの安定稼動を実現するために、システム障害について迅速、確実な対応をします。障害発生時の電話等での状況報告から、手順書に基づいた復旧対応、テクニカルエンジニアによる障害ポイントの調査、切り分け等の復旧作業、またオンサイト(現地)対応やベンダーコントロールにも対応します フレキシブルな対応が求められるシステム運用業務だからこそ、これまでの20年以上にわたるMSP事業実績経験を活かした当社の高い技術力で、お客さまに安心と安全をご提供しております。

運用設計から確実に組み立てます

日々のシステム監視・システム運用をスムーズに行うためには、運用設計がとても重要です。お客さまのシステムの特長を把握し、適切なシステム運用をするためにどのような監視を行えば良いかということから充分に検討していきます。設計から監視、運用まで、一貫したサービスをお客さまにご提供できることが当社の強みです。

お客さまのシステム全体を把握した運用をご提供します

お客さまのシステム全体を理解しているからこそ、当社はお客さまシステムの運用マネジメントまで行うことができます。機器単体のトラブルに対応するだけでなく、トラブルによってサービス全体に及ぼす影響についても考慮し、ご提案しております。

手順書を超えた対応に評価をいただいております

システムからエラーが上がっていなくても、サービスのレスポンスが低下している等、一見すると原因特定がしにくい状況が生じることがあります。あらかじめ想定した手順による対応が難しい状況が起きた場合は、サービス利用者の視点に立ちながら、システム全体を考慮した問題解決に取り組んでいます。

お客さまの業務負荷を軽減します

システムが安定した状態を保つためには、日々のメンテナンスが重要です。
例えば、OSのアップデートは機能の向上と不具合を改修するため、定期的に実施する事が推奨されています。当社ではこのようなアップデート作業やサーバ再起動、セキュリティを担保するためのユーザパスワード変更など、定期運用も承ります。
その他、SSLサーバ証明書のインストール作業など、お客さまのシステム構成に沿った対応も幅広く行います。 当社がお客さまシステムの様々な運用業務を代行することで、業務負荷軽減とシステムの安定稼動をご支援いたします。

システム障害対応の流れ(障害/1次対応・2次対応)

障害1次対応【手順書による障害対応】

障害1次対応は、当社のカスタマーエンジニアが対応いたします。
障害発生時は、手順書に基づいてお客さまに代わって復旧作業を行います。

  • 24時間365日体制の専門チームで実行するため、迅速で確実な障害対応が可能です。
  • システムプラットフォーム層の復旧対応だけではなく、サービスの正常性確認も対応可能です。
  • 複雑化や高度化が進むシステムの特性を充分に考慮した、適切、且つ確実な手順対応の導入も可能です。

障害2次対応【手順化されていない障害対応】

テクニカルエンジニアチームにより、手順化できない障害の対応を実施いたします。一次対応による復旧が出来なかった場合に、カスタマーエンジニアから、お客さまシステムを熟知したテクニカルエンジニアへ引き継ぎ、復旧支援を行います。システム障害の原因を特定するため、ハードウェア/アプリケーション保守サポートベンダーへの問い合わせ代行や問題管理をあわせて実施いたします。ハードウェア障害等では、現地駆けつけのオンサイト対応(ベンダー調整、ベンダーコントロール、障害復旧、正常性確認)を承ることも可能です。

  • ハードウェア、OS、ミドルウェアごとに異なるベンダーのコントロールを行い、原因調査から復旧までをご支援します。

システム運用の実施費用

システム運用監視サービス Management Service Library(MSL)

アイティーエムのシステム運用監視サービス(MSL)はお客様のシステムを監視し、24時間365日体制のエンジニアチームにより、通知アラートを迅速にキャッチし、システムの状況を正確に確認いたします。日々のシステム運用はもちろんのこと、障害発生時の対応においても、効率よくオペレーションが行える監視サービスを実現しています。特に自社のオンプレミス環境に構築されたシステムを監視してほしい、開発エンジニアやアプリケーションエンジニアを本業に専念させたい、クラウド環境に構築したシステムの不具合や障害に備えてユーザが安心して利用できるサービスを提供したい、というニーズには最適なサービスになっています。

システム運用監視パッケージ Managed Live

アイティーエムのシステム運用監視サービス(MSL)の一つに、サーバの特徴に応じたシステム運用監視パッケージが存在します。ITシステムを用いた情報システムの大きな課題の一つに、24時間稼働するシステムを安定的に稼働させるための維持管理や昼夜問わず突然発生する障害対応、また切り分けを行いつつ早期回復のための回復作業に多くの人的リソースを費やしていることが挙げられます。特に働き方改革やリモートワークが企業内で推進される中、中小企業様においても特に、24時間365日の体制維持や人的リソースの確保、データセンターやサーバルームへの急な駆け付け、本業への回帰など様々な難題を乗り越えなければなりません。中小企業様のシステム規模でも導入しやすく、エンジニア不足を補うとともに、本業に回帰・集中しながら安定稼動を図れるサーバの特徴に応じた運用監視サービスになっています。

対象サービス

システム運用監視サービス

Management Service Library(MSL)

当社の中核サービスであるMSP事業のシステム運用監視サービス(MSL)は、サーバやネットワーク機器の監視やシステム全体の運用・監視など、24時間365日体制で統合的にお客さまのシステム環境をサポートするサービスです。ハイブリッド環境でシステムを運用されているお客さまや、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなど、お客さまご利用のシステム環境に合わせて、監視サービスのみのご提供から運用サポートを含めたフルマネージドサービスまで、お客さまのご要望に応じて、ご選択いただけます。

利用例(お客様の課題)

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30