脆弱性診断と保護・防御により、ハッキングによる脅威からモバイルアプリを守る

モバイルアプリは、小売、銀行、旅行、ファストフードなど様々な業種で利用が広がっています。特に昨今はモバイル端末を使ったキャッシュレス決済が注目を集めています。モバイルデバイスの利用用途が拡大し、個人情報や現金同様の支払い機能を有することによって、サイバー犯罪の対象としてハッキングの脅威は高まり、モバイルアプリに絡んだ不正利用や不正アプリによる被害が増加し続けています。
アイティーエムは、モバイルデバイスの新たなる領域への拡大と、それに伴うモバイルアプリへの求められる強固なセキュリティ対策としてモバイルアプリ向けセキュリティサービスを提供します。

モバイルアプリ向けセキュリティサービストライアルキャンペーン モバイルアプリ向けセキュリティサービストライアルキャンペーン
モバイルアプリ向け脆弱性診断サービス AppChecker

モバイルアプリ向け脆弱性診断サービス
(AppChecker)

手間のかからないツール診断と専門家の手動分析の組み合わせによる高品質ですばやい分析レポートをリーズナブルな価格で提供

モバイルアプリ向け脆弱性手動診断サービス AppChecker Pro

モバイルアプリ向け脆弱性手動診断サービス(AppChecker Pro)

実際にハッカーが用いる攻撃手法を用い、高い技術力をベースにしたワールドクラスの手動診断

モバイルアプリ保護サービス AppProtect

次世代型モバイルアプリ保護サービス
(AppProtect)

次世代型モバイルアプリ保護技術でモバイルアプリをハッキングから守る

サービスの特長

サービスの強み

Point1モバイルアプリ開発者が必要とするセキュリティ対策をワンストップで提供

セキュリティ対策は、開発者にとっては悩みの種。難解な領域であり、それに要する時間や費用なども算出しにくいものです。アイティーエムのモバイルアプリ向けセキュリティサービスならば、アプリ開発者が必要とする総合的なセキュリティサービスをワンストップで提供します

Point2高い技術力を持つハッカー集団がつくった次世代型のサービスと業界水準への対応

どのような基準に従い、どのようなセキュリティ対策をしたらよいのか?
アイティーエムのモバイルアプリ向けセキュリティサービスは業界標準であるOWASP Mobile Top 10に準拠。OWASP Mobile Top 10 は、モバイルアプリケーションを開発する際に注意しておくべきセキュリティについて最も一般的かつ最も重要な弱点の影響とその対策の方向性がリストアップされており、必要な対策を漏れなく実施できます。

Point3金融業界等での豊富な導入実績

モバイルアプリ保護サービスは、これまで金融、ゲーム業界で多くの導入実績があります。モバイルアプリ脆弱性診断は、ハッキングコンテストで優秀な成績を持つ企業との協業で提供。手動脆弱性診断は国内外で年間100件以上の診断実績があります。

導入メリット

Point1ハッキングからの不正利用や個人情報漏えいを未然に防止

モバイルアプリは、従来の携帯端末と異なり、パソコンに近く利用方法によっては、パソコンと同様の脅威が存在します。ウイルス、ワームなどの不正プログラムや、アプリ改ざん、エミュレート、偽アプリ化、チートなどの不正利用は、セキュアではない実行環境の脅威となり個人情報等の流出から、組織としてのブランド、信頼の失墜につながる危険性があります。モバイルアプリ向けセキュリティサービスの導入でこれらを未然に防止することができます。

Point2開発サイクルへの組み込みが可能

アイティーエムのモバイルアプリ向けセキュリティサービスは、セキュアなコーディングや静的解析、動的解析といったこれまでのソフトウェア開発ライフサイクルに「防御と検知」と、その情報をもとにした「脅威や攻撃の理解」によるさらにセキュアなコーディングへと続く開発プロセスのフィードバックループを確立することができます。

Point3セキュアな統合的モバイルアプリ環境の提供

アイティーエムは、これまでネットワーク/サーバー、Webアプリケーションの脆弱性診断など各種セキュリティサービスを提供してきました。またManaged Service Provider(MSP)事業の草分け的存在として20年以上に亘りシステム運用監視サービスを提供してきました。モバイルアプリ向けセキュリティサービスに加えて、これらのサービスを組み合わせることでセキュアな統合的モバイルアプリ環境を提供いたします。

ターゲットアプリ

  • FinTech
  • ゲーム
  • 小売
  • MaaS
  • モバイルヘルス
  • 公共
  • エンター
    テイメント

メニュー・価格

サービス名 種別 概要 単位 サービス価格
初期費用 月額費用
モバイルアプリ向け
脆弱性診断サービス
AppChecker for Android ツール診断 1App/ID/回 300,000円 
AppChecker for iOS ツール診断 1App/ID/回 300,000円 
AppChecker/ツール診断・
追加ロール
AndroidアプリまたはiOSアプリ向け
ツール診断サービスの
診断対象のロール(ID)追加
1App/ID/回 150,000円 
AppChecker Pro 手動診断※1AndroidまたはiOS 1式 1,000,000円〜
モバイルアプリ
保護サービス
AppProtect for Android 1式 60,000円〜
AppProtect for iOS 1式 60,000円〜

※ 表示価格は全て税抜き表示です
※1:ツール診断と手動診断を組み合わせたハイブリッド診断も提供いたします

特記事項

OSとアプリ毎に、契約が必要となります。上記価格には、製品機能に加え、技術サポート費も含まれます。
最低利用期間は1年間となり、それ以降は1ヶ月自動更新となります。1年以内のご利用をご希望の場合はご相談下さい。

おすすめコンテンツ

このページを見た方は以下のコンテンツもご覧になっております

モバイルアプリ向け脆弱性診断サービス

AppChecker

AppCheckerは、手間がかからないツール診断でありながら、より安全なモバイルアプリの実現のために2つのタイプの分析を行います。自動化分析ツールによって静的解析と基本的な動的分析を行った後、専門家による手動分析を行います。模擬ハッキングの手法に基づく実用的な分析や、OWASP Mobile Top 10と金融レベルのセキュリティ基準を中心にした分析により、本当に危険な要素は何かを把握できます。しかも分析レポートはすばやく、最短5営業日でご提供いたします。

モバイルアプリ向け脆弱性手動診断サービス

AppChecker Pro

ハッキングコンテストで優秀な成績を持つ企業との協業によりモバイルアプリに対する高い技術力をベースにしたワールドクラスの脆弱性手動診断を提供します。国内外での豊富な実績と金融向けアプリを想定した診断作業における高い信頼性が評価をいただいています。また、わかりやすく、実用性の高いレポートと、診断結果に対する対応ガイドだけではなく、指摘した脆弱性が正しく直っているかまで再度診断でフォローします。

次世代型モバイルアプリ保護サービス

AppProtect

モバイルアプリは、様々なセキュリティ脅威に晒されており、脆弱性が発見されるたびに対処していますが、開発スピードやコストの問題などから十分なセキュリティ対策が出来ているとは言えません。その結果として、モバイルアプリに関連した不正使用や不正アプリによる問題が後を絶ちません。 アイティーエムのAppProtectは次世代型モバイルアプリ保護技術により、モバイルアプリをハッキングなどの脅威から守ります。 モバイルアプリケーションのセキュリティ対策として必要とされる難読化、暗号化はもちろん、攻撃検知や動的防御に加えて、脅威モニタリングと可視化も実現した次世代型のモバイル保護サービスです。

セキュリティ診断・脆弱性診断サービス

SiteScanシリーズ(OS・ネットワーク・ミドルウェア・Webアプリケーション診断)

お客さまのネットワーク/サーバー、Webアプリケーションの脆弱性を洗い出し、攻撃者からの悪意のある攻撃や情報漏えい事故などのリスクを未然に回避するためのセキュリティ診断サービスです。他社が設計・構築したシステムでも診断可能ですので、システムの懸念点を抱えているお客さまに広くご提供可能です。お客さまが抱えている課題に合わせて、 SiteScan2.0WebSiteScanWebSiteScanProの3つのシリーズよりお選びいただけます。

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30