saas,paas,iaasのイメージ

クラウドサービス(SaaS,PaaS,IaaS)定義の違い

クラウドコンピューティングのイメージ

情報資産を自社に保有するのではなくクラウド事業者に預け、
必要なときにインターネット越しに利用できます。

SaaS、PaaS、IaaSとはクラウドサービスの利用形態によって分類した用語のことです。クラウドサービスは階層構造になっており、図(クラウド事業者が運用管理する範囲)のように、提供する範囲によって名称が異なります。クラウドで表現する範囲はとても幅広く、それぞれが深い意味を持つことが特徴です。SaaS,PaaS,IaaSは仕事上会話をする際に利用形態に合わせて定義し分類することで、幅を制限し理解しやすいように違いを表現をしています。

SaaS,PaaS,IaaSの比較イメージ

SaaSはエンドユーザが利用するアプリケーションまで運用管理をし、PaaSは開発環境を提供する為のミドルウェア、サーバOSまでを運用管理、IaaSはハードウェアの保守管理を中心に行います。

SaaS(Software as a Service)とは?

サービス利用者側の形態とサービス提供側の形態を比較

サービス提供側が、アプリケーションエンジニアによる開発で新機能のアップデートをし、インフラエンジニアによるITインフラ運用で、サーバなどのハードウェアメンテナンスやOS・ミドルウェアのアップデートなどを通じてセキュリティ対策を実施しています。これによりサービス利用側はサーバで稼働しているアプリケーション(ソフトウェア)を最新の状態で安全に利用できます。

SaaSとはクラウドにあるソフトウェアを利用できるサービスです。アカウントをもっていれば、インターネット経由でどこからでもアクセスすることができ、場合によってはグループやチームでファイルやデータを共有して利用することができます。ソフトウェアのバージョンアップは利用者が行う作業はなく、サービス提供者側で更新を行います。そのため常に最新機能を利用でき、ソフトウェアのバグを放置したままになることもありません。SaaSはサービスを契約し、ユーザアカウントが準備できれば、すぐにサービス利用開始ができます。

SaaSの読み方

SaaSの読み方は「サース」もしくは「サーズ」と呼びます

SaaSの意味

SaaSの意味は、「Software as a Service」からソフトウェアをサービスとして提供するものです。

SaaS型(サービス)とは?

SaaS型とは、ソフトウェアの機能をインターネット経由で提供する販売形態のことです。

SaaSとは?わかりやすくWebサービスとの違いを説明

Webサービスとは、ソフトウェアの提供する機能やデータをWeb技術であるプログラムを通じて提供するサービスです。例えばプログラムAPIなど、アプリケーション開発のときに利用するサービスなどのことを示します。Webアプリケーションはインターネット経由でWebブラウザでWebサイトを閲覧するように利用するサービスのことです。ECサイトやオンラインバンキング、SNSやゲーム、ASPサービスなども含まれます。一方でSaaSは、基本的にWebを通じてソフトウェアやアプリケーションを利用することをクラウドサービスとして提供されていることから総称となっています。

SaaSで提供されている名称 説明 提供例
Webアプリケーション Webを介して「人」が利用するサービスを提供 ECサイト、オンラインバンキングなど
Webサービス Webを介して「プログラム」が利用するサービスを提供 API、GitHub(ソースコード管理共有ツール)など
Webシステム Webサービスを提供するための仕組み Webサーバ、APサーバ、DBサーバなど
Webページ Web上にある文書 Google検索で探したときに見ているページ単体
Webサイト 特定のドメイン配下にあるWebページの集まり 企業のコーポレートサイト

SaaS導入メリット

ユーザ側(利用者側)のSaaS導入するメリットを説明します。

  • パソコンなどにインストールすること無くインターネット経由で利用でき保存もできる
  • 使いたいときに使いたい機能(アプリケーション)を利用できる
  • 複数のユーザと同時に共同作業ができる
  • 特定のパソコンやスマートフォンなどの端末に依存しないで利用できる

SaaSビジネスモデルのメリットとデメリット

SaaSのイメージ

SaaSは企業もユーザも必要な機能を必要な期間で利用する課金方式のサービスです。企業もユーザも互いに利用しやすいことがメリットです。

SaaSの特徴は、ソフトウェアの機能を利用するサービスです。ビジネスでは会社で使うようなサービスから、個人で利用できるサービスまで様々なサービスがあります。オフィスソフト、メールサービス、オンラインストレージ、グループウェアなど以前であれば、それぞれのPCにインストールしていたソフトウェアが、非常に手軽にクラウドサービスとして利用できるようになっています。

サービス提供者側と利用者側で見るSaaS

図はサービス提供者であるA社とB社とユーザのSaaS利用例です。A社B社はサービス運用に関する機能A機能Bを利用しユーザ(エンドユーザ)はサービスを受ける機能Cを主に利用します。B社はユーザの管理も行っているので機能Cも利用します。このように全ての機能を利用するのではなく必要に応じた機能のみを必要な期間だけ課金する方式で利用します。

SaaSビジネスモデルのメリット

SaaSベンダーが提供するビジネスのメリットを説明します

メリット 説明
ユーザを保有する必要がない 物を売る「モノ消費」の場合はユーザを保有する必要があったが、体験を売る「コト消費」の場合は
ユーザをクラウドで管理可能であるため保有の概念がない
安定した収益がある サブスクリプション型(月額課金型)のサービスであるため、
ユーザ(利用者)は利用プランに応じて毎月支払う料金が発生する
アップセルを狙える 継続ユーザに向けて新しいプランやサービスを提案しやすい

SaaSビジネスモデルのデメリット

SaaSベンダーが提供するビジネスのデメリットを説明します

デメリット 説明
サービス開発初期コストが大きい プロダクト開発の初期費用が多くかかることと開発期間が長いため
初期コストが大きく負担することになり、事業が軌道に乗り採算が取れるまで長い期間を要する
アップデートやコンテンツ作成が常に必要になる 競合が多く差をつけるために独自のコンテンツや機能アップデートなど常に工夫をする必要がある
ユーザ解約が多くなるとともに
売上減少の影響が大きくなる
継続的なフォローアップが常に必要になるため、カスタマーサポートの負担が大きくなる

SaaSセキュリティ

サービス利用側からではクラウド事業者に委ねている部分が多いためセキュリティ対策に関しては、アカウント(ID/パスワード)の管理をしている範囲かと思います。サービス提供側では、アプリケーションセキュリティによってアプリケーションエンジニアがサービス開発の中でセキュリティ対策を実施しています。SaaSセキュリティとはクラウドサービスのソフトウェアに該当するアプリケーションセキュリティのことです。アプリケーションエンジニアが考える開発・保守・管理とセキュリティ対策の考え方についてご説明します。

PaaS(Platform as a Service)とは?

PaaS利用と提供の例

PaaS(Platform as a Service)とはクラウドにあるプラットフォームが利用できるサービスです。大規模なデータセンターに、アプリケーションを稼動するためのネットワーク、サーバシステム、OSやミドルウェアなどのプラットフォームが用意され、企業ユーザがそのプラットフォーム上で開発を行うことができます。

PaaSの読み方

PaaSの読み方は「パース」です。

PaaSとIaaSの違い

PaaSとIaaSの違いは階層を見ると理解がしやすいです。図(PaaSの利用と提供例)で、「ミドルウェア」「OS」「データベース」などの部分がPaaSです。エンジニアやプログラマ以外の人には区別はつきにくい部分ですが、実際にアプリケーション開発の業務に携わっている人や関係している人であれば、API(Application Programming Interface)や、開発環境にインストールされているデータベース機能やオブジェクトストレージなどのミドルウェアはサービス提供側が用意しているため、利用側はインストールしたり、ゼロベースで機能開発をすること無く利用できます。従って自社サービスで利用するための、機能開発に注力できる点で開発工数削減のメリットがあり、利用している人たちが多いことが特徴です。

PaaSの例(AWS,Azure)

PaaSのイメージ

PaaSはアプリケーション開発ができるプラットフォームを提供してくれるサービスです。開発者はアプリケーションサーバ、データベース、開発フレームワーク、プログラミング言語などを利用しアプリケーションを開発します。その該当する領域がOSやミドルウェアの層になります。

PaaSはアプリケーション開発・実行環境で利用するサービスです。代表的な例は、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどで、アプリケーションエンジニアは開発環境をゼロベースで構築すること無く、プログラミングなどの業務を実行できます。Microsoft Azureの「WordPress」はWebサイトを構築する際のCMS(Contents Management System)と呼ばれるアプリケーションですが、WordPressを別で用意するのではなくAzureに搭載されている機能なのでサービスを契約するとともにWordPressが利用でき、Azure環境内でWordPressをインストールをしWebアプリケーション開発を実施することが出来ます。

PaaSは開発で必要な機能を利用できるサービス

PaaSはアプリケーション開発で必要なものをクラウド環境の中で調達できます。図は開発会社がPaaSを利用することやSaaS型サービス事業者が自社サービスのアプリケーション開発部門でPaaSを利用する例です。PaaSはアプリケーション開発に必要なサーバOSと連動しているデータベース、またサーバOSでの上で動作しているミドルウェアを利用します。ミドルウェアは他のクラウドサービスと機能連携ができるAPI接続が可能で他のクラウドサービスの機能を開発中のアプリケーションで利用したい場合にで利用します。

PaaS on AWS

AWSの代表的なPaaS機能を持ったサービスを一部ご説明します。

名称 機能
AWS Lambda イベント発生時に、予め設定した処理(機能や関数)が実行される環境
AWS CodeDeploy S3やGithub,Bitbucketに保管されているコンテンツをデプロイ
Amazon S3 AWS環境で利用できるクラウドストレージ(オブジェクトストレージ)機能
Amazon RDS AWS環境で利用できるデータベース機能

PaaS on Azure

Azureの代表的なPaaS機能を持ったサービスを一部ご説明します。

名称 機能
App Service Java,Python,PHPなどのソースコードをWindowsOSやLinuxOSで稼働させ
アプリケーションを構築するWebホスティング機能
Azure SQL Database データベース機能
Web Apps WordpressなどのCMSやGitHubなどのアプリを
Azureマーケットプレイスで選択しインストールしてWebアプリケーションを構築

IaaS(Infrastructure as a Service)とは?

iaaS利用と提供の例

「IaaS」とはクラウドにある、ネットワークやサーバのコンピューティングリソースを利用するサービスです。従来ならば自社で情報システムのインフラ部門が購入、構築し、運用する必要があったITシステムをクラウドサービスを利用することで必要なときに必要なだけ利用できます。IaaSのメリットは、経年劣化によるハードウェアの交換を自社で行う必要はなく、クラウド事業者に委ねることで管理が必要ない点です。また、ハードウェアを稼働させるための電気料金や保管する設備や施設などのランニングコスト削減にも繋がります。一方でデメリットは、自社の業務用にカスタマイズがしづらい点です。クラウドサービスは他社と共有して利用するため、成約がある環境で利用しなければいけません。解決方法としては、オンプレミス環境(自社環境)とクラウドサービスを併用する「ハイブリッド環境」を構築することで、ITインフラ環境を最適化する方法が好ましいとされています。

IaaSの読み方

IaaSの読み方は「イアース」もしくは「アイアース」と呼びます。

IaaSとPaaSの違い

PaaSがアプリケーション開発に必要な機能を利用するサービスですが、IaaSはサーバやネットワーク機器などのコンピューティングリソースを利用するサービスです。クラウドサービスが普及する前は「オンプレミス環境」と呼ばれる自社のサーバルームでサーバやネットワーク機器を保管し運用をしていましたが、クラウドサービスのIaaSを利用すればクラウドサービス事業者が利用しているデータセンターにサーバやネットワーク機器が保管され運用をしているので、利用する企業は自社で保有する必要はありません。このようにクラウド環境を利用し自社でサーバを保有しないことを「サーバレス」と呼び、インフラエンジニアはIaaSを利用しインフラ運用の業務負荷軽減に伴い、本業に専念できることができるメリットがあります。

IaaSの例(AWS,Azure)

IaaSのイメージ

IaaSユーザはハードウェアを保有することなくサーバやストレージ、ネットワークなどの特定の機能を持つ機器などのコンピューティングリソースを利用できます。またクラウドサービスなのでいつでも迅速にリソースの追加・削除することが出来ます。

Amazon Web Services(AWS) 、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP)などが代表的なサービスで、CPU、メモリ、ディスクなどのリソースを自由に選定できるインスタンスからデータを保管するストレージ、ネットワークや負荷分散などの特定の機能を持つ機器などのパーツを選びシステムを構成することで自由度が高く、リソースの増減にも柔軟に対応することができます。
特に、Amazon Web Services(AWS)はIaaS分野に強くオンプレミス環境の運用からサービスに移行をしても違和感なく利用できることが特徴です。

IaaSはハードウェアリソースをネットワークを通じて提供するサービス

図はIaaSユーザがクラウドサービスの利用でインフラを構成しユーザ(エンドユーザ)にサービスを提供する例です。社内向けサーバと公開サーバに分けデータベースで機密情報の管理を行っている社内向けサーバにはセキュリティが担保されたVPS接続で管理者のみがアクセスできるよう切り分けています。またIaaSユーザは利用しているユーザの数が増加しそれに伴い、システムの規模を拡大させることが必要になった場合にも容易に対応ができ、具体的にはCPU・メモリ・ストレージ・ネットワークなどの細かなリソース追加・削除が可能です。

IaaS on AWS

AWSはIaaS分野ではトップシェアを誇る大規模サービスです。数ある中から代表的なIaaS機能を持ったサービスの一部ご説明します。

名称 機能
Amazon EC2 インスタンスと呼ばれる仮想サーバ
Amazon Virtual Private Cloud Amazon Internet Gatewaysを利用することで、仮想プライベートクラウド環境を構築
Amazon Elastic Block Store パソコンのハードディスクのような機能でオンラインのブロックストレージとして利用

IaaS on Azure

Azureの代表的なIaaS機能を持ったサービスを一部ご説明します。

名称 機能
Azure Windows Server クラウド環境でWindowsサーバを構築
Azure Disk Storage Azure Virtual Machines用のブロックストレージ
Azure Firewall クラウド環境でファイアウォールを構築

クラウド向けシステム監視について

クラウドサービスの不具合や障害に備えて

クラウドサービスのメリットはそれぞれの利用形態によって様々ですが、基本的には提供されるインフラの運用はクラウド事業者に任せられています。最近ではセキュリティに関してもクラウドのほうが安全と言われるなど、クラウドサービスのインフラが大規模な障害を発生させることはありあせん。しかしインフラ上で稼動させているアプリケーションなどを含めてクラウドサービスを提供する企業側で万が一に備えておかなければなりません。そのためにはクラウド向けのシステム監視が必要です。

システム監視の種類

システム監視は「サービス監視」と「インフラ監視」に分けられます。例えば、PaaSの利用でアプリケーション開発を行いSaaS型のサービスを提供している場合は、サーバで動作しているOSやミドルウェア、アプリケーションが正常に作動しているかを確認する「サービス監視」が必要です。また、IaaSを利用してインフラを構築しサービスを提供している場合は、ストレージやファームウェアの不具合、ストレージコントローラ故障やバックアップ不備を防止し、CPU、メモリ、ディスク利用率を把握することでインスタンスが正常に動作しているかなどリソースに関する不具合によるシステム障害が発生しないようインフラが正常に作動しているかを確認する「インフラ監視」が必要です。システム監視の種類を元に監視項目詳細について次のページで見ていきましょう。

SaaS,PaaS,IaaSの関連サービス

システム構築サービス

システムインテグレーション(SI)

当社が20年以上に亘りMSP事業者としてシステム運用監視サービスを提供してきました。お客様とともに監視、運用、レポート分析というサイクルをまわすなかで、最終的にたどり着くのはシステム設計段階での運用まで考えたシステム構築の重要性です。当社はシステム運用監視サービスで培った知見と、真のニーズを汲み取った提案をすることで、お客様に最適なシステムインテグレーションを提供します。

マイグレーション(移行)

システム構築サービス

当社は20年以上にわたりMSP事業者としてシステム運用監視サービスを提供してきました。また、石狩、横浜、大坂の3拠点のデータセンターを運用するとともに、プライベートクラウドも自社で提供してきました。これらのサービスの提供で培った知見や経験をもとに、お客様のニーズをしっかりと汲み取り、パブリッククラウドを含めた最適なシステムマイグレーションの提案をします。

マネージドクラウド

Next Generation EASY Cloud®

株式会社アイネットが提供する企業向けクラウドDream Cloud®の中核サービスとなるEASY Cloud®のサービス基盤を刷新した 次世代型クラウドサービスです。

システム運用監視サービス

Management Service Library(MSL)

当社の中核サービスであるMSP事業のシステム運用監視サービス(MSL)は、サーバやネットワーク機器の監視やシステム全体の運用・監視など、24時間365日体制で統合的にお客さまのシステム環境をサポートするサービスです。ハイブリッド環境でシステムを運用されているお客さまや、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなど、お客さまご利用のシステム環境に合わせて、監視サービスのみのご提供から運用サポートを含めたフルマネージドサービスまで、お客さまのご要望に応じて、ご選択いただけます。

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30