saas,paas,iaasのイメージ

SaaS、PaaS、IaaSとは?

クラウドコンピューティングのイメージ

情報資産を自社に保有するのではなくクラウド事業者に預け、
必要なときにインターネット越しに利用できます。

SaaS、PaaS、IaaSとはクラウドサービスの利用形態によって分類した用語のことです。 「SaaS」はサースもしくはサーズと呼び、「Software as a Service」の略です。クラウドにあるソフトウェアを利用できるサービスです。 「PaaS」は「パース」と呼び、「Platform as a Service」の略です。クラウドにあるプラットフォームであるネットワーク、サーバシステム、OSやミドルウェアなどを利用できるサービスです。 「IaaS」は「イアース」または「アイアース」と呼び、「Infrastructure as a Service」の略です。情報システムのインフラとなる、ネットワークやサーバシステムを利用できるサービスです。

SaaS,PaaS,IaaSの比較イメージ

SaaSはエンドユーザが利用するアプリケーションまで運用管理をし、PaaSは開発環境を提供する為のミドルウェア、サーバOSまでを運用管理、IaaSはハードウェアの保守管理を中心に行います。

SaaS(Software as a Service)とは?

SaaS(Software as a Service)とはクラウドにあるソフトウェアを利用できるサービスです。アカウントをもっていれば、インターネット経由でどこからでもアクセスすることができ、場合によってはグループやチームでファイルやデータを共有して利用することができます。

ソフトウェアの機能を利用するサービス

SaaSのイメージ

SaaSは企業もユーザも必要な機能を必要な期間で利用する課金方式のサービスです。企業もユーザも互いに利用しやすいことがメリットです。

SaaSには、会社で使うようなサービスから個人で利用できるサービスまで様々なサービスがあります。オフィスソフト、メールサービス、オンラインストレージ、グループウェアなど以前であれば、それぞれのPCにインストールしていたソフトウェアが、非常に手軽にクラウドサービスとして利用できるようになっています。

サービス提供者側と利用者側で見るSaaS

図はサービス提供者であるA社とB社とユーザのSaaS利用例です。A社B社はサービス運用に関する機能A機能Bを利用しユーザ(エンドユーザ)はサービスを受ける機能Cを主に利用します。B社はユーザの管理も行っているので機能Cも利用します。このように全ての機能を利用するのではなく必要に応じた機能のみを必要な期間だけ課金する方式で利用します。

PaaS(Platform as a Service)とは?

PaaS(Platform as a Service)とはクラウドにあるプラットフォームが利用できるサービスです。大規模なデータセンターに、アプリケーションを稼動するためのネットワーク、サーバシステム、OSやミドルウェアなどのプラットフォームが用意され、企業ユーザがそのプラットフォーム上で開発を行うことができます。

アプリケーション開発・実行環境で利用するサービス

PaaSのイメージ

PaaSはアプリケーション開発ができるプラットフォームを提供してくれるサービスです。開発者はアプリケーションサーバ、データベース、開発フレームワーク、プログラミング言語などを利用しアプリケーションを開発します。その該当する領域がOSやミドルウェアの層になります。

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどが代表的なサービスで、企業ユーザがすばやく開発環境の手に入れることによって迅速にシステム開発に取り組むことができます。
例えば、Microsoft Azureの「WordPress」はWebサイトを構築する際のCMS(Contents Management System)と呼ばれるアプリケーションですが、WordPressを別で用意するのではなくAzureに搭載されている機能なのでサービスを契約するとともにWordPressが利用でき、Azure環境内でWordPressをインストールをしWebアプリケーション開発を実施することが出来ます。

アプリケーション開発で必要なものを調達できる

図は開発会社がPaaSを利用することやSaaS型サービス事業者が自社サービスのアプリケーション開発部門でPaaSを利用する例です。PaaSはアプリケーション開発に必要なサーバOSと連動しているデータベース、またサーバOSでの上で動作しているミドルウェアを利用します。ミドルウェアは他のクラウドサービスと機能連携ができるAPI接続が可能で他のクラウドサービスの機能を開発中のアプリケーションで利用したい場合にで利用します。

IaaS(Infrastructure as a Service)とは?

「IaaS」とは情報システムのインフラとなる、ネットワークやサーバシステムを利用できるサービスです。従来ならば自社で購入、構築し、運用する必要があったインフラを必要なときに必要なだけ利用できます。

サーバやストレージ、ネットワークや特定の機能を持つ機器を利用するサービス

IaaSのイメージ

IaaSユーザはハードウェアを保有することなくサーバ、ストレージ、ネットワーク、などのリソースや機能を利用できます。またクラウドサービスなのでいつでも迅速にリソースの追加・削除することが出来ます。

Amazon Web Services(AWS) 、Microsoft Azure、Google Cloud Platform (GCP)などが代表的なサービスで、CPU、メモリ、ディスクなどのリソースを自由に選定できるインスタンスからデータを保管するストレージ、ネットワークや負荷分散などの特定の機能を持つ機器などのパーツを選びシステムを構成することで自由度が高く、リソースの増減にも柔軟に対応することができます。
特に、Amazon Web Services(AWS)はIaaS分野に強くオンプレミス環境の運用からサービスに移行をしても違和感なく利用できることが特徴です。

IaaSはハードウェアリソースをネットワークを通じて提供するサービス

図はIaaSユーザがクラウドサービスの利用でインフラを構成しユーザ(エンドユーザ)にサービスを提供する例です。社内向けサーバと公開サーバに分けデータベースで機密情報の管理を行っている社内向けサーバにはセキュリティが担保されたVPS接続で管理者のみがアクセスできるよう切り分けています。またIaaSユーザは利用しているユーザの数が増加しそれに伴い、システムの規模を拡大させることが必要になった場合にも容易に対応ができ、具体的にはCPU・メモリ・ストレージ・ネットワークなどの細かなリソース追加・削除が可能です。

クラウド向けシステム監視について

クラウドサービスの不具合や障害に備えて

クラウドサービスのメリットはそれぞれの利用形態によって様々ですが、基本的には提供されるインフラの運用はクラウド事業者に任せられています。最近ではセキュリティに関してもクラウドのほうが安全と言われるなど、クラウドサービスのインフラが大規模な障害を発生させることはありあせん。しかしインフラ上で稼動させているアプリケーションなどを含めてクラウドサービスを提供する企業側で万が一に備えておかなければなりません。そのためにはクラウド向けのシステム監視が必要です。

システム監視の種類

システム監視は「サービス監視」と「インフラ監視」に分けられます。例えば、PaaSの利用でアプリケーション開発を行いSaaS型のサービスを提供している場合は、サーバで動作しているOSやミドルウェア、アプリケーションが正常に作動しているかを確認する「サービス監視」が必要です。また、IaaSを利用してインフラを構築しサービスを提供している場合は、ストレージやファームウェアの不具合、ストレージコントローラ故障やバックアップ不備を防止し、CPU、メモリ、ディスク利用率を把握することでインスタンスが正常に動作しているかなどリソースに関する不具合によるシステム障害が発生しないようインフラが正常に作動しているかを確認する「インフラ監視」が必要です。システム監視の種類を元に監視項目詳細について次のページで見ていきましょう。

対象サービス

システム構築サービス

システムインテグレーション(SI)

当社が20年以上に亘りMSP事業者としてシステム運用監視サービスを提供してきました。お客様とともに監視、運用、レポート分析というサイクルをまわすなかで、最終的にたどり着くのはシステム設計段階での運用まで考えたシステム構築の重要性です。当社はシステム運用監視サービスで培った知見と、真のニーズを汲み取った提案をすることで、お客様に最適なシステムインテグレーションを提供します。

マイグレーション(移行)

システム構築サービス

当社は20年以上にわたりMSP事業者としてシステム運用監視サービスを提供してきました。また、石狩、横浜、大坂の3拠点のデータセンターを運用するとともに、プライベートクラウドも自社で提供してきました。これらのサービスの提供で培った知見や経験をもとに、お客様のニーズをしっかりと汲み取り、パブリッククラウドを含めた最適なシステムマイグレーションの提案をします。

マネージドクラウド

Next Generation EASY Cloud®

株式会社アイネットが提供する企業向けクラウドDream Cloud®の中核サービスとなるEASY Cloud®のサービス基盤を刷新した 次世代型クラウドサービスです。

システム運用監視サービス

Management Service Library(MSL)

当社の中核サービスであるMSP事業のシステム運用監視サービス(MSL)は、サーバやネットワーク機器の監視やシステム全体の運用・監視など、24時間365日体制で統合的にお客さまのシステム環境をサポートするサービスです。ハイブリッド環境でシステムを運用されているお客さまや、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなど、お客さまご利用のシステム環境に合わせて、監視サービスのみのご提供から運用サポートを含めたフルマネージドサービスまで、お客さまのご要望に応じて、ご選択いただけます。

利用例(お客様の課題)

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30