[ホワイトペーパー公開中]

検知型マルウェア対策の限界。
進化する脅威を防ぐエンドポイント防御要件は

革新的なエンドポイントプロテクション製品
「AppGuard(アップガード)」

従来の「検知技術型」ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する。

エンドポイントの正常な動作と機能を徹底的に守ることを目的とした、新たな概念のセキュリティ製品です。(マルウェア、ウィルスの検知や"駆除"による攻撃の防止を主目的とした従来のエンドポイントセキュリティ製品とは概念が異なり、エンドポイントの正常な動作範囲を設定し、常時監視、隔離することで、未知のマルウェアへの根本対策としてサイバー攻撃から企業を守ります。)

ダウンロード資料 検知型マルウェア対策の限界。進化する脅威を防ぐエンドポイント防御要件は

下記に必要事項をご記入の上、「内容の確認へ進む」ボタンをクリックして下さい。
登録したメールアドレス宛に資料ダウンロード用アドレスを送信させて頂きます。