メインメージ

ヘルスケアとは?

ヘルスケアビジネス

医療機関のデジタル化が進めば、遠隔医療を中心とした活動が増加し、
多くの人たちに十分な医療が受けられることが期待できます。

ヘルスケア(health care)(和訳:健康管理)とは、狭義の意味で医療や医薬分野の機器やサービスのことです。広義の意味では健康や体調管理といった医療行為以外の要素も含まれる世界です。日本では少子高齢化が進行し超高齢化社会となり、高齢者の健康管理や医療、医薬に関する事業環境を中心に大きく変化しています。企業が取り組む「デジタルトランスフォーメーション(DX)」では、その先に存在するデジタライゼーションに取り組むと同時に、異業種のITプラットフォーマーとヘルスケア事業との関連性が深まっていくことも予測されます。また、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、人々の健康管理への関心が高まる中、ヘルスケア事業の役割は一層重要な存在になっています。このページではヘルスケア業界の現状と、将来デジタル化が一層進むとともにヘルスケアとの関連性を考察していきます。

ヘルスケア業界

ヘルスケア業界は、少子高齢化が進む背景から要介護者の急増と不足する介護人材により、高齢者の日常生活を助けてもらうことが困難になると予測されます。また医師の高齢化により地域における人材不足と偏在にも課題があります。医師が都市部に集中してしまうことで、地域医療で医師不足の問題が発生し、患者が十分な医療を受けれなく人々の生命を脅かす重要な問題に直面します。また、少子高齢化が進むと社会保障費の急騰により、労働者の社会保険費用が高額になるに連れ、高齢者が増加するとともに十分な社会保障を受けれない恐れもあります。継続的な社会保障制度の改革が求められると同時に、医療・介護といった公的サービスを質は維持しながらも、効率的に運営していくための方法が検討される必要があります。

ヘルスケアのデジタル化

ヘルスケア業界で深刻な問題になっている背景から、医療や介護、健康や体調管理でより一層デジタル化が進むことが今後大きく期待ができます。ICT(Information Communication Technology)やAI(Artifical Intelligenct)、IoT(Internet of Things)などの先端デジタル技術はヘルスケア業界で提供している製品やサービスに対して有効的に活用でき、医療や介護や健康管理の領域で広がりを見せています。これからの先端デジタル技術によるヘルスケア分野の改革は「デジタルヘルス」や「ヘルステック」などの名称で呼ばれていますが、明確な定義はありません。一般的に馴染みの深い「ヘルスケア」と「デジタル」を組み合わせた「デジタルヘルスケア」で身近な「デジタルヘルス」が流行している言葉になります。

iPhoneのヘルスケア

iPhoneのヘルスケア画面

基本情報はホーム画面で見ることが出来ますが、「バイタル」「マインドフルネス」「栄養」「呼吸」などは、専用のデバイスを利用することや手入力のなどの方法で記録できます。

iPhoneのヘルスケアを利用する際、「ウォーキング+ランニングの距離」「身長」「体重」「睡眠」「歩数」などのデータが日々蓄積されています。そのデータを管理しユーザが利用するためのアプリも様々なものが存在します。ユーザがiPhoneを中心としたヘルスケアサービスを利用する背景には、FDA(Food and Drug Administration、米国食品医薬品局)で定義している内容があります。FDAでは「デジタルヘルスは、スマートフォンやSNS、アプリケーションなどのデジタル技術によって、患者や消費者が健康や健康関連の活動をより管理・追跡することで、医療と健康成果を向上させるもの」としています。しかし、広義には医療現場で使用される高精度な分析・診断支援や、電子カルテシステムや医事会計システムなど間接業務の効率化の為の仕組み、心拍数などのバイタルデータが管理できるスマートウォッチのような、一般消費者が気軽に使える健康管理・増進の為の製品やサービスなど、非常に広い範囲がデジタルヘルスに含まれます。iPhoneはiOSが搭載されており、AppleWatchとのシームレスな連携が特徴です。健康を促進するスマートウォッチは時計としての機能だけではなく、サイクリングやヨガ、水泳、ランニングなど運動時の状況を測定することができ、健康をサポートする様々な機能をもっています。心拍数のモニタリングでは通常よりも高い心拍数と低い心拍数を検知するとアラートを表示し、本人に自覚症状がなくても異常を知ることができます。周囲記録アプリを使用すれば、女性が自分自身の月経周期に関する重要な情報を記録することができ、次の月経の時期や妊娠可能期間を予測できます。AppleWatchで収集されたヘルスケアデータは、iPhoneのヘルスケアアプリで管理することで、継続的な状況把握が可能になります。医療機器としての認可の問題もあり、残念ながら日本で発売されているモデルでは非対応ですが、AppleWatchには、心電図(ECG、Electrocardiogram)を測定する機能もあり、心筋梗塞等の早期発見にもつながっています。米国では、全く自覚症状のなかった利用者がAppleWatchからの警告により病院に行ったことで、重篤な症状に陥ることを防止し、命をとりとめたという例がいくつも報告されているようです。

ヘルスケアで利用するデバイスやマスク

ヘルスケアのデバイスはAppleのiOS15から、歩行安全性を計測することが可能になりました。ユーザの腰近くに位置する鞄やポケットに入れていても自動的にiPhoneのモーションセンサーを利用し記録できる仕組みがあります。歩行安全性はAppleWatchに搭載されている転倒検知機能を発展させたもので、ヘルスケアアプリに「歩行安全性」のメニューを開くと、足腰の衰え意識的に防ぎ、今後はヘルスケアに関わる様々な知見の拡大にも貢献できることが期待できます。インターネットに接続できるスマートマスクは、ゲーム機器メーカで開発されたことが発端で、新型コロナウイルス感染症が流行した際に世界的に最も注目されたものです。口元は半透明の素材を用いているため、口の動きが見えやすくなっており対面でも会話がしやすくなっています。インターネットに接続をすればオンラインで会話ができるため、今後はビジネスシーンでも医療現場でも技術が応用され利用されることが期待できます。ヘルスケアとの関連性は、新型コロナウイルス感染症が流行している状態では日常生活でもマスクを着用しているため会話がしやすく、つけ心地の良いマスクを利用することが私たちにとって必要とされます。マイクとスピーカーが内蔵されたスマートマスクを利用しオフラインでもオンラインでも併用して、様々なコミュニケーションをとることが可能になり、ウェアラブルデバイス(装着もしくは着用出来るコンピュータ)を通じて人々の健康管理が便利になっていくことが期待できます。

Androidでもヘルスケア

Androidデバイスでは「Google Fit」を利用します。Androidスマホ向けの公式アプリストア・Google Playからインストールして利用します。Google FitでできることもAppleのiOSで利用できるヘルスケアと大凡同じです。過去の記録はクラウド環境に保存し、同一OSであれば機種変更時も手間がかかりません。AndroidからiPhoneへまたはその逆の際は、直接のデータエクスポート・インポートはできません。サードパーティ製アプリなどを利用するなど工夫が必要です。

ヘルスケアアプリ

ヘルスケアアプリのイメージ

ヘルスケアアプリはAppleのiOSにインストールされています。iPhone,AppleWatchなどで数値測定とデータが蓄積されて日々の健康管理のために利用している人たちが存在します。各企業が展開しているサービスでは、ポイントと連動しているアプリ、歩数計とダイエットを関連付けたアプリ、水分補給と栄養を管理するアプリ、いびきを録音したり無呼吸症候のチェックなどで睡眠の質を高めるアプリ、川や森林の自然のリラックスしたサウンドでヨガや瞑想の質を高めるアプリなど無数に存在します。ヘルスケアアプリは人間の健康管理や体調管理を通じて、人々が生きていく上で必要な情報を提供し人生を支えています。蓄積されたデータは、人の生命に関わるセンシティブな個人情報であるため、安心して利用できなければいけません。また利便性も考慮する必要があり日本のデジタル化の未来を考えると、誰でも、いつでも、どこでも、どのようなときでも安心、安全に利用できることが求められます。

ヘルスケア手帳

ヘルスケア手帳とは、PHCホールディングス株式会社が運営しているスマホアプリで、薬局お薬を受け取る際に利用するお薬手帳を電子化するサービスです。お薬手帳をスマホアプリで電子化するサービスは数多く存在し、主に日本薬剤師会の登録商標である「e薬Link」で電子お薬手帳が提供されています。【出典】e薬Linkに対応しているお薬手帳(一覧):公益財団法人日本薬剤師会

ヘルスケアアプリの連携

ヘルスケアアプリの連携は、上記のお薬手帳との連携でスマートフォンアプリで電子化し一元管理が可能です。お薬手帳のQRコードを読み取って会員登録を進めるとサービスを利用でき、紙の手帳を持参しなくてもスマホアプリで管理ができることから、紛失・盗難の恐れが無くなり、また持参するのを忘れるミスも無くスマホで管理ができるため便利なサービスです。
またiPhoneにデフォルトでインストールされているヘルスケアは、健康に関するデータが蓄積されていることから利用することができ、それをもとに様々な健康管理に関するスマホアプリのサービスが市場に出回っています。

ヘルスケアアプリの歩数や睡眠などの使い方

iPhoneに記録されている一日に歩いた歩数や一日の睡眠時間のデータは、そのまま見ることが出来ますが、AppleWatchと連動することでより精度の高いデータを記録する事ができます。AppleWatchを毎日身に着けて健康に関するデータを記録し続けていくと、同じiOS内にデータが蓄積されiPhoneで確認ができます。iPhone側でインストールしたヘルスケアアプリで、健康管理に関するデータを分析し個人に合わせた管理方法をアプリ内で最適化してくれます。米国では健康管理に関しては、医療機関の方で管理しているシステムと連携しているため、会員登録をしている人たちが万が一の病気や怪我に対して脈拍数などを読み取って異常を検知した際は、医療機関から通知が来るようになっています。早期発見が重篤な症状に至らず、命をとりとめた例も数多くあるようです。

ヘルスケア分野と医療機関のデジタル化の未来

ヘルスケア分野がデジタル化をすすめる上で重要となるのが「ID(Idenifier、識別子)です。一般的に病院やクリニックで診療を受ける際には、医療機関が発行する診察券が必要で、その診察券は医療機関独自のIDが記載されてカルテ情報等は診察券のIDで管理されることになります。また、別の病院に行けば同じように、医療機関独自のIDでカルテ情報等が管理されてることになるでしょう。しかし人々は長い人生で、結婚をして名字が変わったり、転居して住所が変わるなど、過去の病歴を記録したカルテが病院やクリニックに個別に保管されていれば、新たな医療機関で受診をする際に情報を集めて、担当医が理解する必要があります。情報を連携させるためには時間や手間が大きな負担になり、不足している情報も存在することで患者にとっては十分な医療を受けれない可能性もあります。行政機関を効率化し、国民の利便性を高め、公平公正な社会を実現する社会基盤となっている「マイナンバー」は、個人ごとに異なる12桁の番号を付与することで、社会保障や税、災害対策の分野に限定して、効率的に情報を管理し、複数の期間が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されています。しかし、センシティブな情報を扱う医療分野には、マイナンバーとは別の番号(ID)を使うことが法律で定められています。そこで、厚生労働省では基盤やシステムの安全性確保のあり方などについて検討を行うため「医療等分野情報連携基盤検討会」を設置し、医療分野における情報連携のIDについて検討を行い「被保険者番号履歴」を活用することにしました。従来の健康保険証は世帯単位となっており、健康保険証に記載されている被保険者番号は、家族全員同じ番号になっていました。2020年度からは準備、個人単位化することで、現行の保険証の記載内容に2桁の番号を新たに追加することで、個人に対して番号が付与されることになりました。日本は、被保険者番号履歴を個人IDとして利用することで、医療分野でのデジタル化推進していますが、まだ課題も残っています。その一つが、医療保険制度の被保険者番号を利用していない健康・介護分野への対応です。これからの時代デジタルヘルスケアの分野は、密接に関係しており、例えば健康寿命について分析をしたいと考えても、医療分野と介護分野で別れてしまっていては、限定的な結果しかもたらさないことは想像できます。真のデジタル化を進めるためには、広義のヘルスケア領域をカバーできるIDのあり方について、更に検討を進めていくことが必要とされます。

健康保険証のイメージ
機関とIDの関連性

デジタルヘルスケアのセキュリティ対策

ITのセキュリティ対策

ヘルスケアのデジタル化が進めば、利用者が増加しネットワーク外部性のもとセキュリティ脅威も高まります。ネットワーク外部性とは、製品やサービスの利用者数や利用率が増えるに従い、その製品やサービスの質やメリット、利便性が利用者そのものに還元される性質や現象のことを意味し、増加することで事業者の収益が上昇しサービスが拡大されます。一方でサービスが拡大され続けると攻撃者の標的となる可能性が高まり、インターネットを通じて提供しているITサービスに保管されている情報資産が狙われます。ヘルスケア業界は人々の健康や医療に関するセンシティブな情報を取り扱っているため、情報漏えい事故があってはいけません。ITインフラや稼働しているアプリケーションのセキュリティ対策を日頃から意識して取り組む必要があります。

脆弱性診断

アプリケーションのセキュリティ対策は「脆弱性診断」が有効です。ツール診断とエンジニア手動診断により、アプリケーションの種類によって診断方法が変わります。脆弱性を洗い出し対策を講じる事で、WebサイトやWebアプリケーション、モバイルアプリに対して実行される標的型攻撃から、情報漏えい事故などのリスクを未然に回避することが可能です。

モバイルアプリ(スマホアプリ)脆弱性診断

ツール診断によるOWASP Mobile Top10に基づくモバイルアプリ向け脆弱性診断サービスです。模擬ハッキング手法に基づく実用的な診断で、金融アプリなど多くのプロジェクトで蓄積された独自のチェックリストは14分類51項目があり綿密な診断を実施します。また、自動診断ツールを使用した静的と動的解析で、エンジニアによる診断結果の分析によるレポートは最短5営業日で作成可能です。

モバイルアプリ向け脆弱性診断サービス

AppChecker

AppCheckerは、手間がかからないツール診断でありながら、より安全なモバイルアプリの実現のために2つのタイプの分析を行います。自動化分析ツールによって静的解析と基本的な動的分析を行った後、専門家による手動分析を行います。模擬ハッキングの手法に基づく実用的な分析や、OWASP Mobile Top 10と金融レベルのセキュリティ基準を中心にした分析により、本当に危険な要素は何かを把握できます。しかも分析レポートはすばやく、最短5営業日でご提供いたします。

セキュリティに関する課題・目的

ヘルスケアサービスではモバイルアプリを用いたサービスが提供されています。特に個人情報を取り扱っているサービスでは、脆弱性手動診断サービスでツール診断と併せて深い診断が可能であるため、ツール診断でカバーしきれないセッション管理系の脆弱性診断が可能です。

ペネトレーションテスト

システムのセキュリティ対策は、システム全体の観点で実施される「ペネトレーションテスト」が有効です。攻撃者の観点で擬似的にシステムに不正侵入を試み、悪用できるか確認をするテストを実行します。ペネトレーションテストは様々なシナリオに応じて、システムの弱点を把握し、万が一の不正侵入のリスクを予め回避できるよう対策を講じることができます。

デジタルヘルスケアのセキュリティ対策サービス

セキュリティ診断・脆弱性診断サービス

SiteScanシリーズ(OS・ネットワーク・ミドルウェア・Webアプリケーション診断)

お客さまのネットワーク/サーバー、Webアプリケーションの脆弱性を洗い出し、攻撃者からの悪意のある攻撃や情報漏えい事故などのリスクを未然に回避するためのセキュリティ診断サービスです。他社が設計・構築したシステムでも診断可能ですので、システムの懸念点を抱えているお客さまに広くご提供可能です。お客さまが抱えている課題に合わせて、 SiteScan2.0WebSiteScanWebSiteScanProの3つのシリーズよりお選びいただけます。

ペネトレーションテスト

外部/内部、PCI DSS向け(ネットワーク、アプリケーション)、組込みシステム向け

ペネトレーションテストはネットワークに接続されているシステムに対して様々な技術を駆使して侵入を試みることでシステムにセキュリティ上の脆弱性が存在するか、また見つかった脆弱性が悪用されてしまう危険性があるかなどをテストをします。 当社が提供するペネトレーションテストは「外部/内部ペネトレーションテスト」と「PCIDSS 向けペネトレーションテスト(ネットワーク、アプリケーション)」と「組込みシステムに対するペネトレーションテスト」があります。

モバイルアプリ向けセキュリティサービス

AppChecker/AppChecker Pro/AppProtect

モバイルアプリは、小売、銀行、旅行、ファストフードなど様々な業種で利用が広がっています。特に昨今はモバイル端末を使ったキャッシュレス決済が注目を集めています。モバイルデバイスの利用用途が拡大し、個人情報や現金同様の支払い機能を有することによって、サイバー犯罪の対象としてハッキングの脅威は高まり、モバイルアプリに絡んだ不正利用や不正アプリによる被害が増加し続けています。
アイティーエムは、モバイルデバイスの新たなる領域への拡大と、それに伴うモバイルアプリへの求められる強固なセキュリティ対策としてモバイルアプリ向けセキュリティサービスを提供します。