このようなお客様の課題、ご要望におこたえします

  • Windows 7の延長サポート終了までにWindows 10への移行ができない
  • Windows 7を利用しながらもセキュリティ対策を継続したい
  • Windows 7を対象にしたファイル更新が終了してもウイルス対策を確保したい
  • OSの有償サポートを利用する場合と同等以上のセキュリティ対策をしたい
  • Windows 7を継続するにあたって運用コストは削減したい

AppGuardはWindows7延長サポート終了後もOSの安全性を担保することが可能です

AppGuardはセキュリティリスクを隔離し攻撃の段階で脅威を遮断することでウイルスを無力化し、未知のマルウェアやゼロディ攻撃に対しても確実に防御します。Windows7の延長サポート終了後も安心・安全に継続してご利用が可能です。

課題解決例

課題解決例100台のパソコンに5年一括契約の「AppGuard Windows 7延長サポート終了対策キャンペーン」で導入する場合

課題・ご要望
  • WindowsOSアップデートの度にパソコンのセキュリティ対策が困難
  • 既知の脅威への対応はできているが、未知の(ゼロデイ)攻撃が不安
  • 使用しているウイルスソフトの影響によりパソコンの動作が重くなってしまう

OSのバージョンに影響を受けず、簡単にセキュリティ対策ができます

Windows10に移行できない場合の万全なセキュリティ対策!

AppGuard Windows 7 延長サポート終了対策キャンペーン

Windows7は2020年1月14日の延長サポート終了後はOSベンダーからセキュリティ更新プログラムの提供やインシデント有償サポートを受けることができなくなります。セキュリティ対策上はWindows10へのアップグレードが推奨されますが、様々な事情により延長サポート終了期限までにWindows10へのアップグレードが困難な場合があります。

アイティーエムでは、このような課題に対してAppGuard Windows 7 延長サポート終了対策キャンペーンを提供いたします。AppGuardは過去の攻撃データによらず、Windowsシステムの正しい動作と機能を守り、ウイルスの脅威を無力化する新概念のエンドポイントプロテクション製品です。ウイルスのパターンファイルが不要なため、常時ネットワーク接続は不要で、定期的なアップデート作業も不要なので、Windows7のパッチ更新が停止された場合、またはオフライン環境においてもウイルスやマルウェアからの被害を確実に防止することができます。止むを得ずWindows7を継続してご利用いただく場合でも、AppGuardを導入いただくことで、セキュリティリスクを限りなく抑えることができます。

また、AppGuardは年間契約および年次更新を基本条件としていましたが、AppGuard Windows7 延長サポート終了対策キャンペーンとして複数年契約をご用意しました。また複数年一括支払いの場合には3年契約一括払いで35%割引、契約年数に従って最大40%割引とお客様の負担を軽減できるプランをご用意しています。

種類 サービス名 メニュー 個数 初期
費用
月額
費用
エンドポイント
プロテクション製品
AppGuard AppGuard Enterprise
ライセンス(100-499)
AppGuard Windows 7
延長サポート終了対策キャンペーン
1ライセンス/
年額
7,140円

※ 5年契約を一括支払いで通常価格より40%割引でご提供します
※ AppGuardコンソール管理費および施策諸費用が含まれております
※ AppGuard初期導入支援を行う場合は別途初期費用がかかります

費用合計
(100ライセンス5年一括契約)

初期費用 3,570,000
月額費用

※ 価格はすべて税抜き表示です

対象サービス

エンドポイントプロテクション製品

AppGuard(アップガード)

アプリケーションの起動場所を制限したうえで、プロセスの動作範囲を限定し、通常の動作は可能にしながらも不正なプロセスやメモリへのアクセスや書き込み、OSの重要なコンポーネントなどポリシー違反の動作を完全遮断、阻止します。

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30