このようなお客様の課題、ご要望におこたえします

  • モバイルアプリのセキュリティ対策を実施したい
  • モバイルアプリのWeb APIのセキュリティ対策を実施したい
  • モバイルアプリ開発後に問題箇所を洗い出し対策を実施することで安心してサービスインしたい
  • ハッキングによるモバイルアプリの改ざんから防御したい
  • 継続的にモバイルアプリのセキュリティ対策を行いたい

脆弱性診断と保護により不正利用などの脅威からモバイルアプリを守ることが可能です

モバイルアプリ開発後、テスト前にアプリとサーバのWeb API診断と合わせて脆弱性診断を実行することで脅威を可視化します。指摘した脆弱性が正しく直っているかまで再度診断でフォローをします。診断後、対策を行ったアプリを保護します。
これによりサイバー犯罪のハッキングの脅威による不正利用や不正アプリによる被害から防御し継続的なセキュリティ対策が可能です。

課題解決例

課題解決例継続的にモバイルアプリのセキュリティ対策をする場合

課題・ご要望
  • アプリ開発後に診断をし問題箇所を洗い出し対策を実施することで安心してサービスインしたい
  • アプリと連動するWeb APIのセキュリティ対策を実施したい
  • ハッキングから防御するため継続的なアプリのセキュリティ対策を実施したい

アプリとWeb APIの脆弱性診断で脅威を可視化し
アプリ保護で継続的なモバイルアプリ環境のセキュリティ対策が実現できます

種類 サービス名 メニュー 単位 初期
費用
月額
費用
モバイルアプリ向け
セキュリティサービス
AppChecker Pro モバイルアプリ向け
脆弱性手動診断サービス
(手動診断:
AndroidまたはiOS)
1式 1,000,000円〜
AppProtect for Android Android向け
アプリ保護サービス
1式 60,000円〜
AppProtect for iOS iOS向け
アプリ保護サービス
1式 60,000円〜

※:ツール診断と手動診断を組み合わせたハイブリッド診断も提供いたします

費用合計

初期費用 1,000,000円〜
月額費用 120,000円〜

※ 価格はすべて税抜き表示です
※ 初期費用は年間費用となります

対象サービス

モバイルアプリ向け脆弱性手動診断サービス

AppChecker Pro

ハッキングコンテストで優秀な成績を持つ企業との協業によりモバイルアプリに対する高い技術力をベースにしたワールドクラスの脆弱性手動診断を提供します。国内外での豊富な実績と金融向けアプリを想定した診断作業における高い信頼性が評価をいただいています。また、わかりやすく、実用性の高いレポートと、診断結果に対する対応ガイドだけではなく、指摘した脆弱性が正しく直っているかまで再度診断でフォローします。

モバイルアプリ保護サービス

AppProtect

モバイルアプリは、様々なセキュリティ脅威に晒されており、脆弱性が発見されるたびに対処していますが、開発スピードやコストの問題などから十分なセキュリティ対策が出来ているとは言えません。その結果として、モバイルアプリに関連した不正使用や不正アプリによる問題が後を絶ちません。 アイティーエムのAppProtectは次世代型モバイルアプリ保護技術により、モバイルアプリをハッキングなどの脅威から守ります。
モバイルアプリケーションのセキュリティ対策として必要とされる難読化、暗号化はもちろん、攻撃検知や動的防御に加えて、脅威モニタリングと可視化も実現した次世代型のモバイル保護サービスです。

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30