システム監視

システム運用にとって重要な日々の監視業務、
いち早くシステムの情報をキャッチします

システム監視エンジニアの役割

24時間365日体制の監視エンジニアチームにより、通知アラートを迅速にキャッチし、システムの状況を正確に確認いたします。日々のシステム運用はもちろんのこと、障害発生時の対応においても、効率よくオペレーションが行える監視サービスを実現しています。

監視サービス ご提供イメージ

システム監視サービスの流れ

システム監視オペレーション

大量のログアラートから
必要なアラートを絞り込む
キーワードのフィルタリング機能で
運用管理者の負担軽減

当社監視サービスのログ監視は、キーワードのフィルタリングが可能です。大量に発生するログアラートから、必要なアラートのみに絞り込み、運用管理者の負担を軽減します。

ログアラートのイメージ

通知先、通知方法のカスタマイズ可能重要なアラートを迅速にキャッチ

アラート通知の連絡先指定や曜日、時間帯の切り替え、電話とメールの併用など、お客さまの状況やご要望に合わせた通知方法のカスタマイズが可能です。 さらに監視ポイント単位での指定も可能なので、アラートの特性に応じて、死活監視であればハードウェアベンダー、HTTP監視ならばアプリケーション担当者へといったような通知方法の変更ができます。

アラート発生時のイメージ

システム運用お悩み相談会

毎週水曜日開催/17:00~19:00、1日限定3組(要予約制)

詳しくはこちら »

障害/一次対応・二次対応

障害一次対応【手順書による障害対応】

システム障害時の電話/メールによる通知

システム障害時の手順書対応

障害一次対応は、当社監視ルームのオペレータが対応いたします。障害発生時の対応内容を手順化し、手順書に基づいてお客さまに代わって復旧作業を行います。

  • 24時間365日体制の専門チームで実行するため、迅速で確実な障害対応が可能です。
  • 復旧後の正常性確認の定義手順書を加えることで、より精度の高い障害復旧対応ができます。
  • 複雑化や高度化が進むシステムの特性を充分に考慮した、適切、且つ確実な手順対応の導入も可能です。

障害二次対応【手順化されていない障害対応】

運用エンジニアへ引き継ぎ、サービス復旧

エンジニアが障害の原因を調査エンジニアが障害の原因を調査

ベンダー問い合わせを行ない復旧対応

ハードウェア障害等の場合は現地へ駆けつけて対応

運用エンジニアチームにより、手順化できない障害の対応を実施いたします。
一次対応によるサービス復旧が不可能な場合は、監視ルームオペレータから、専門にアサインされた運用エンジニアへ引き継ぎ、サービス復旧を行います。
システム障害の原因を特定するため、ハードウェア/アプリケーション保守サポートベンダーへの問い合わせ代行や問題管理をあわせて実施いたします。
ハードウェア障害等では、現地へ駆けつけてオンサイト対応(ベンダー調整、ベンダーコントロール、障害復旧、正常性確認)を行います。

ハードウェア、OS、ミドルウェアごとに異なるベンダーをコントロールを行いながら、確実なシステム復旧へと導きます。

監視サービスメニュー例

システム運用お悩み相談会

毎週水曜日開催/17:00~19:00、1日限定3組(要予約制)

詳しくはこちら »
お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ
メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ
電話マーク
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30