ZETA Cloud Private(ゼタクラウド・プライベート)

ZETA Cloud Private(ゼタクラウド・プライベート) | プライベートクラウドサービス


ZETA Cloud Private(ゼタクラウド・プライベート)は、当社が持つ大阪・横浜・石狩のデータセンターで展開しており、同一データセンター内での冗長構成はもちろん、大阪から石狩間1,100kmに及ぶストレージ連携&VMHAを実現した国内初の「マルチデータセンター対応」のプライベートクラウドです。
お客さまのシステム要件に合わせて、オンプレミス環境との連携や、他社クラウド環境との統合管理も実現いただける完全ハイブリッド対応のプライベートクラウドサービスです。

※VMHA・・・HyperVisorのダウン、及び物理故障時に、自動的に他のHyperVisorへ仮想マシンを再配置することによりサービス継続を実現する機能。

医療関連ITシステムについて

医療関連ITシステム構築において医療分野のデータを預かる基準となる3省4ガイドラインに則ったインフラ(サーバ、及びスマホ等を含むクライアント)環境から、アプリケーション開発までの総合的なシステム・アーキテクト設計、そしてシステム運用設計、契約書等、ドキュメント整備まで包括的、且つワンストップでご提供いたします。

プライベートクラウドサービスマップ

価格とスペック

  Pro ProPlus Advance
初期費用 ご希望のプランに応じたプライベートクラウドサービスのお見積が可能です。
月額費用 マルチDC
シングルDC※1
CPU※2 4vCPU 8vCPU 16vCPU
ストレージ※3 200GB 400GB 800GB
メモリ 24GB 48GB 96GB
仮想化ソフトウェア VMware
主要機能 vMotion、Storage vMotion、Snapshot、vApp
DRS・VMHAは最小契約単位から標準実装
接続回線 オプション
追加リソース月額費用 CPU:8,000円/1コア メモリ:3,000円/1GB
ストレージ:21,000円/100GB(マルチDC)
7,000円/100GB(シングルDC)
オプション VPN、WAF(Web Application Firewall)、ファイアウォール、
ロードバランサーなど

割り当てリソースの範囲内であれば、仮想サーバのインスタンス数は無制限、かつ料金の追加課金はございません。
※価格はすべて税抜きです。
※1:お客さまのシステム要件により、任意の1箇所のデータセンターでのご利用も可能です。
※2:1vCPUあたり2GHz換算となります。
※3:お客さまが作成する仮想サーバへのメモリ割当容量に応じて、システム側にて同容量のストレージリソースを消費します。

ZETA Cloud Private の特長 3つの「できる」

特長 1確実なデータ保全が実現できる マルチデータセンター対応

リソースプール
ZETA Cloud Privateは、当社が保有する国内3拠点(大阪・横浜・石狩)での分散運用ができ、万一、あるデータセンターで障害が発生しても、他データセンターにてデータ保全&仮想マシン再起動により機会損失を最小限に抑えることが可能です。

ZETA Cloud Privateのマルチデータセンターは、確実なデータ保全とサービス継続で、お客さまのシステム環境をサポートします。

・ハードウェア高負荷時には、VM(仮想マシン)が移動することによりパフォーマンスを維持
・データセンターダウン時には、サイトを切り替えることにより、別サイトでVM(仮想マシン)を再起動し稼動を再開

VM(仮想マシン)稼働継続


特長 2リソースプール型で実現 スモールスタート

リソースプール型
一般的なプライベートクラウドでは、将来の事業規模を見据えた大規模な投資や設計のもとに構築される事が多く、それが導入への障壁になっているお客さまも少なくありません。
ZETA Cloud Privateは、プライベートクラウドでありながらシステム運用開始後も柔軟にリソースの増減が可能な「リソースプール型」を採用しています。
これにより、お客さまは現状の規模に合わせた最適な構成で、セキュアなシステムを構築しご利用いただけます。

特長 3システム投資が削減できる 完全冗長化

完全冗長化
プライベートクラウド環境において、冗長化されたシステムを構築する場合、ハードウェアやネットワークなどを二重化する必要があります。これは、単一構成と比較すると約2倍の投資が必要となる事を意味します。
ZETA Cloud Privateは、システム全体の構成がすべて冗長化されていますので、お客さまは本サービスを一つご契約いただくだけで安心・安全なプライベートクラウド環境をご利用いただく事が可能です。

一般的なクラウドサービスとの違い

  一般的なクラウドサービス プライベートクラウドサービス
ZETA Cloud Private
提供内容 コンピュータリソース(CPU、メモリ、ストレージ)とOSをセットで提供。リソースの効率的利用が難しい CPU、メモリ、ストレージをリソース毎にご提供。投資対効果が最適な運用が容易
冗長化 冗長構成を構築する場合は複数契約が必要 システムのすべてが標準で冗長構成となっており、複数契約は不要
耐データセンター障害 サービス基盤が稼働しているデータセンターの機能が失われた場合は、サービス継続不可 マルチデータセンター対応なので、他のデータセンターでサービス継続が可能
インターネット/
イーサネットによる接続
ネットワークサービスは別契約が必要 ネットワークサービスZETA Etherにより、ネットワークも一括提供可能

ZETA CloudはVMware vCloud Powerdに認定されていますVMware vCloud Powerd
「VMware vCloud Powerd」認定は、すべてのvCloud APIが利用でき、OVF(Open Virtualization Format)仮想マシンファイル形式のアップロード / ダウンロードをサポートするVMware vSphereおよび VMware vCloud Directorを基盤としたサービスであることを証明するものです。

資料ダウンロード

システム運用・システム監視

システムの運用監視もアイティーエムにお任せください!

詳しくはこちら »
お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30