AWS運用管理支援ツール「マネージドクラウドポータル」

マネージドクラウドポータルとは

AWSのスムーズな導入と運用の利便性向上をはかる

  • Point1AWSマネジメントコンソールとは別にソニーネットワークコミュニケーションズオリジナルのAWS運用管理支援ツール
  • Point2情報システム担当者の利便性向上に特化した運用・自動化ツールがシンプルなUIで操作可
  • Point3AWSマネジメントコンソールも利用可能

運用支援ツール「クラウドポータル」の機能

情報システム担当者の運用シナリオを想定した機能を実装

機能図
クラウドポータル画面イメージ

管理

※下のボタンをクリックすると各カテゴリに分類された箇所にページ内リンクでジャンプします

管理EC2一元管理画面

インスタンス一覧表示(利用中のインスタンスのサマリ情報を一括表示)

管理EC2・EBSリソース可視化

インスタンスのリソース情報を表示

インスタンス毎のリソース状態をグラフィカルに表示

Cloud Watchと連携しCPUやメモリ、各パーディションのディスク容量を過去最大2週間にわたりグラフ化

インスタンスのリソース情報を表示

管理現状構成の可視化

AWS Config表示(利用中のAWSインスタンス構成を表示)

AWS シンプルアイコンをクリックするだけでインスタンスの詳細表示

AWS Config表示

管理セキュリティグループの可視化

セキュリティグループの登録・編集及びEC2との関連を可視化

セキュリティグループ毎のルールをポータル上から直接作成可能

AWS Config表示

管理料金明細の可視化

AWS利用料金の表示

ネームタグ毎の料金表示が可能

AWS利用料金の表示

運用

※下のボタンをクリックすると各カテゴリに分類された箇所にページ内リンクでジャンプします

運用インスタンスを容易に変更可能

EC2インスタンスタイプ変更/AutoRecovery設定変更

Amazon EC2に求めるインスタンスタイプの変更や可用性を高めるためのAutoRecoveryの設定もボタン一つで対応可能

AWS EC2インスタンスタイプ画面イメージ

運用ディスク容量を簡単に増加可能

EBSの容量を簡単にスケールアップ可能

Amazon EC2に求めるインスタンスタイプの変更や可用性を高めるためのAutoRecoveryの設定もボタン一つで対応可能

AutoRecoveryの設定画面イメージ

自動化

※下のボタンをクリックすると各カテゴリに分類された箇所にページ内リンクでジャンプします

自動化EC2の起動&停止を自動化

EC2起動停止/スケジューリング

EC2起動停止/スケジューリングの画面イメージ

自動化バックアップを自動化

スナップショット/イメージバックアップ取得/スケジューリング/リカバリ

簡単にスケジューリングが可能

EC2起動停止/スケジューリングの画面イメージ

自動化APIコマンドを自動化

カスタマイズAPIの構成要素

カスタマイズAPI機能により、各種AWSAPIを利用した実行と管理
実行回数は基本料金内で無制限

カスタマイズAPIの構成要素の画面イメージ

セキュリティ

※下のボタンをクリックすると各カテゴリに分類された箇所にページ内リンクでジャンプします

セキュリティ管理者と管理対象を制御

ユーザ利用制御

クラウドポータル管理者アカウントにて、運用管理できるAWSリソース(EC2インスタンス)を制限可能

ユーザ利用制御の画面イメージ

セキュリティAWSログ監査連携

AWSログ監査機能

AWS CloudTrailが出力する各種AWSアクティビティのログを、アラート通知/検索/解析が可能

[AWSログ検索]

[ElasticSearch+kibanaでのログ解析]

ユーザ利用制御の画面イメージ

セキュリティ2段階認証によるセキュリティ

クラウドポータルのマルチファクタ認証(2段階認証)対応

事前登録されたスマートフォンのGoogle認証システムによる2段階認証を利用して、セキュリティを高くログインする事が可能

マルチファクタ認証(2段階認証)対応の画面イメージ

導入支援サービスについて

導入支援の流れ

  1. Step1既存環境をヒアリングのうえ、最適なAWSシステム構成をご提案。またコストを最低限に抑えたコストシミュレーションも作成。
  2. Step2アカウント作成から初期設定までをお客さまに代わって実施。ノウハウにもとづく推奨設定によって"すぐに使える"環境をご提供。
  3. Step3既存システムのAWS移行もオプションでサポート。必要に応じてお客さまご指定のベンダさまとの連携した移行も可能。
  4. Step4ご希望のお客さまには「導入説明会(オプション)」を個別実施。「クラウドポータル」を使ってひと通りの運用ができるようじっくり指導。

AWS導入支援ソリューション

AWS利用を支援する豊富な導入支援サービス

  • 初期設定作業

    AWSアカウント発行、VPC/セキュリティグループ設定などの基本設計

オプションメニュー

  • AWS導入サポート

    EC2立上、NATインスタンス立上、メンテナンス用SSLVPN立上、S3バケット立上、RDSインスタンス立上、ELB立上げ、EC2 AutoScall立上、個別スクリプト作成などお客さまご要件に合せたカスタマイズ提供

  • AWS導入説明会

    AWS基礎、AWSマネジメントコンソール、クラウドポータル操作説明会

  • Windows/Lunux

    サーバ導入
    移行サポート

  • ソリューションPKG

    バックアップ(Arcserve)、
    標的型攻撃対策(FFR yarai)、
    ストレージ(DirectCloud-Box)、
    UTM(WatchGuard)ほか

  • システム運用監視

    Management Service Library(MSL)

    サーバやネットワーク機器の監視やシステム全体の運用・監視など、24時間365日体制で統合的にお客さまのシステム環境をサポート

  • AWS Direct Connect

    TOKAIコミュニケージョンズのBroadline AWS接続サービスでAWSとお客様拠点やデータセンターを、専用線・広域イーサネットなど、セキュアで安定したネットワークで接続。

AWSの請求代行

AWSの請求はソニーネットワークコミュニケーションが一括で代行

ドル建て請求&クレジットカード決済が基本のAWSに対し、請求をソニーが代行することで、
これまで通り円建て・月締め請求書払いで利用いただけます。

価格

初期費用 マネージドクラウド初期設定費 98,000円〜
月額費用 マネージドクラウド基本料金 5,000円〜
マネージドクラウドポータル基本料金 30,000円〜

※ 標準で300jobまで利用可能

Recommed Contents

このページを見た人はこちらのコンテンツも閲覧されております

システム運用監視

システム運用・システム監視

当社の中核サービスであるMSP事業のシステム運用・システム監視サービス(MSL)は、サーバやネットワーク機器の監視やシステム全体の運用・監視など、24時間365日体制で統合的にお客さまのシステム環境をサポートするサービスです。ハイブリッド環境でシステムを運用されているお客さまや、AWS、Microsoft Azureなど、お客さまご利用のシステム環境に合わせて、監視サービスのみのご提供から運用サポートを含めたフルマネージドサービスまで、お客さまのご要望に応じて、ご選択いただけます。

AWS

AWS環境対応

AWS(Amazon Web Service)を利用されているお客さまに対応したシステム運用・監視サービスです。すでにご契約されているサービスプランに合わせて選択していただけるサービスメニューをご用意しております。また、お客さまのご要望やご要件に応じて、別途個別メニューから監視項目や運用項目の追加も可能です。

脆弱性診断・セキュリティ診断 SiteScanシリーズ

脆弱性診断・セキュリティ診断
SiteScanシリーズ

SiteScanシリーズは、お客さまのネットワーク/サーバー、Webアプリケーションの脆弱性を洗い出し、攻撃者からの悪意のある攻撃や情報漏えい事故などのリスクを未然に回避するためのセキュリティ診断サービスです。 他社が設計・構築したシステムでも診断可能ですので、システムの懸念点を抱えているお客さまに広く提供可能です。 お客さまが抱えている課題に合わせて、 SiteScan2.0、WebSiteScan、WebSiteScanProの3つのシリーズよりお選びいただけます。

お問い合わせ

Contact

サービス、記事、サイトに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ

メールからのお問い合わせ

メール

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

お電話からのお問い合わせ

電話アイコン
土日・祝祭日を除く。AM9:30 − PM6:30